軟葉系のハオルチア・万象を植え替えたッ!!

こんにちはこんばんは。今回は(も)植え替えの記事。軟葉系ハオルチアの玉扇に続き、同じく軟葉系のハオルチア、万象を植え替えました!

ハオルチア・万象
ハオルチア・万象

まるで象の足を逆さにしたような形のハオルチア。この変な形のハオルチアを植え替えましたよッ!!

ハオルチア・万象は玉扇と同じサボタニネットオフ会産。入手時のポスト↓↓↓

玉扇と一緒に9月に植え替え。涼しくなった9月は多肉植物の植え替えの適期。寒くなる前にとっとと植え替えて、しっかり根付かせる…ハズが9月になっても真夏の暑さ。ハオルチアはあまり暑さに強くありませんが、それ以上に寒さに弱いので暑くても植え替えます。

ハオルチア・万象とは?

ハオルチア・万象は南アフリカ原産の多肉植物です。

ハオルチア自生地
ハオルチア自生地

軟葉系ハオルチアに共通する特徴として、葉先に「窓」と呼ばれる半透明の器官をもちます。

ハオルチアは自生地では草体が半分土に埋まり、土中から突き出したその「窓」の部分から光を取り込み光合成をします。万象も軟葉系ハオルチア。その葉先、平べったいところが半透明の窓になっています。

そしてこの万象、高価なハオルチアです。

広告軟葉系ハオルチアの変り種・万象☆先端に光を取り込む半透明の「窓」をもつ植物です。象の足のような平べったい形が直射日光が苦手なので、栽培は明るい日陰で!

同じ高級品という意味では玉扇も同じ。

広告軟葉系ハオルチアの変り種・玉扇☆先端に光を取り込む半透明の「窓」をもつ植物です。草体を途中でスパッと切ったような独特な形が直射日光が苦手なので、栽培は明るい日陰で!

多肉植物:ハオルチア 玉扇 S*幅6cm
遊恵盆栽 楽天市場店
¥ 3,080(2024/02/19 00:49時点)

どちらも草体を途中でスパッと切ったような形が特徴です。

ちなみに先ほどから軟葉系ハオルチアと書いていますが、かつてはハオルチア属に軟葉系のハオルチアと硬葉系のハオルチアの2系統が存在していました。軟葉系はオブツーサが有名でしょうか。今回取り上げている万象も軟葉系。硬葉系は十二の巻や十二の爪が代表的な品種かな。

見た目の全く違うこの2系統が、同じハオルチア属としてひとまとめにされていたんです。違和感ありまくりだったんですが、2014年にハオルチア属の再編が行われ、軟葉系のハオルチアは従来と同じハオルチア属に、硬葉系ハオルチアは新設されたハオルチオプシス属に移属になり、晴れて別々の属になりました。

だからわざわざ軟葉系ってつけなくていいんです。ハオルチア=軟葉系ハオルチアってことになるんで。一応当記事では、分かりやすいかなぁって思って軟葉系・・・ってつけていました。

ハオルチア・万象の植え替え方法

  1. ハオルチア・万象を1週間から10日ほど断水し、鉢の中の水を完全に乾燥させます。土を完全に乾かすことで根についた古い土を落としやすくし、根へのダメージを軽減させることができます。
  2. 万象を元から植わっている鉢から取り出す。鉢を横にし、側面を軽く叩きながら土を出すと取り出しやすい。
  3. 根についている古い土を筆などを使い落す。長い根はこの時、清潔なハサミなどでカット。枯れている根や不要な根もカットします鉢内に根の生長スペースをつくることで、株全体が大きくなります。
  4. 鉢の中に用土を入れます。ある程度の高さまで用土を入れた後、万象をセット。位置を調整した後、隙間に用土を充填します。根の周りの土に隙間ができないように、割りばしなどでつつきながら用土を入れていきましょう。用土は市販のサボテン多肉植物用の培養土と観葉植物用の培養土をブレンド。比率は3:1ぐらい。私は用土をブレンドして使っていますが、用土は栽培環境に合ったものを。日当たり、風通し、潅水間隔にあう用土をチョイスしてください。
  5. 殺虫剤を散布。ネジラミとカイガラムシ対策のために殺虫剤を散布します。オススメはオルトランDX。この殺虫剤はにおいがあるため、散布後、用土を上からかけるかマルチング材で覆いましょう。においを軽減することができます。

    広告土に撒いて使う錠剤の殺虫剤。根から吸収された殺虫成分が長く効く遅効性の殺虫剤です。アブラムシ、コガネムシの幼虫、カイガラムシやネジラミに効果があります手を汚さず使えるオススメの殺虫剤です!

    住友化学園芸 オルトランDX粒剤 200g
    ホームセンターヤマキシ楽天市場店
    ¥ 835(2023/11/01 14:00時点)
  6. 用土の表面をマルチング材で覆います。マルチング材=化粧砂です。マルチングをすることで見た目を整え、潅水時などの水の勢いで用土が飛び散ることを防ぎます。今までの植え替え記事で普通にマルチング材のことを書いていますが、マルチングのする、しないはお好みで。
  7. 最後にたっぷりと水を与え、植え替え終了です。ハオルチアにはサボテンと違って、植え替え直後に水を与えます。

植え替え実践!!!

では実際に万象を植え替えます。

まずは今回の主役、ハオルチア・万象!!

ハオルチア・万象
ハオルチア・万象

1週間断水し、鉢の中の土を乾かしておきました。

元から植わっている鉢、プレステラ深型を横にして、側面を軽く叩きながら万象を取り出します。

ハオルチア・万象
ハオルチア・万象

…。

すげえ。

万象を取り出したんですが、なんか…すごい立派な根です。ラ〇ュタの中央の大きな木みたいな根(飛行石がぶっ刺さって飛んでちゃうやつ。スケールが全然違うけど)です。

でもこのままでは全然植えられないので、根を切ります。火で軽くあぶって殺菌したハサミでカット。

ハオルチア・万象
ハオルチア・万象

長い根を切りました。ハオルチアの根は結構切っても大丈夫らしいんですが(サボタニネットオフ会情報)、サボテンほど切り詰めない方がいいと思います。

植え替える鉢を用意します。

今回植え替える鉢はスリーコインズの陶器鉢↓↓↓

スリーコインズ陶器鉢
スリーコインズ陶器鉢

この鉢、鉢肌はガラス質なので通気性はナシ。そして鉢裏↓↓↓

スリーコインズ陶器鉢
スリーコインズ陶器鉢

鉢底穴も小さいので、鉢内の通気性は悪そうです。そこで、鉢底面にゴムをつけて上げ底。

スリーコインズ鉢
スリーコインズ鉢

受け皿と本体の間に隙間をつくって、通気層を確保します。さらにコレ↓↓↓

セリアの立体鉢底ネット。これは鉢内に三角錐状の空間をつくって通気性を改善し、根腐れを軽減、根張りを良くするアイテムです。

これらで鉢内の通気環境を改善します。

どこまで効果があるかはわかりませんが。でも何もしないよりもいいハズです。そもそも多肉植物に通気性の悪い鉢を使うなって話ではあるんですが。

んで、その立体鉢底ネット鉢底石をスリコの鉢に敷きます↓↓↓

立体鉢底ネットと鉢底石
立体鉢底ネットと鉢底石

用土をある程度の高さまで入れたらハオルチア・万象をセット。

ハオルチア・万象
ハオルチア・万象

隙間に用土を充填します。

ハオルチア・万象
ハオルチア・万象

用土の上に殺虫剤を散布。殺虫剤はオルトランDX。パラパラと撒きます。

広告土に撒いて使う錠剤の殺虫剤。根から吸収された殺虫成分が長く効く遅効性の殺虫剤です。アブラムシ、コガネムシの幼虫、カイガラムシやネジラミに効果があります手を汚さず使えるオススメの殺虫剤です!

住友化学園芸 オルトランDX粒剤 200g
ホームセンターヤマキシ楽天市場店
¥ 835(2023/11/01 14:00時点)

そしてマルチング。マルチング材はハイドロボール。

ハオルチア・万象
ハオルチア・万象

最後に鉢底から流れ出るくらい、たっぷりと水をあげて植え替え終了です。

ハオルチア・万象の育て方

ハオルチア・万象は1年を通して風通しを良く、加湿を控え乾燥気味に育てるのが基本です。

広告軟葉系ハオルチアの変り種・万象☆先端に光を取り込む半透明の「窓」をもつ植物です。象の足のような平べったい形が直射日光が苦手なので、栽培は明るい日陰で!

  • 日照
    原産地では土に埋まって自生しているので、直射日光が苦手です。あまり強い光を当てず、遮光をするか明るい日陰で育てましょう。ただし、あまりにも日光が足らないと徒長するので、様子を見ながら置き場所を調整してください。
  • 潅水
    ハオルチアは多肉植物なので乾燥には強いです。そのため、鉢の中の土が完全に乾いてからたっぷりと水を与えましょう。休眠期の夏はやや水を減らし涼しい夕方か夜に潅水し、冬は1カ月に1,2回、用土の表面が湿る程度の水を暖かい時間帯に与えましょう。
    多肉植物のなかではハオルチアは水が好きですが、加湿の状態が長く続くと根腐れするので(経験談)、乾燥気味に育てた方が安全です。
  • 温度管理
    暑さにはあまり強くありません。夏は風通しを良くし、できるだけ涼しい環境にしてあげましょう。送風機を使うのもアリです。寒さには弱いので、最低気温が5℃を下回るようなら室内に取り込んだ方が安全です。室内であっても窓際は冷えるので、夜間は部屋の中央に。屋外越冬をする場合は凍らせず、霜や寒風には当てないでください。その場合は完全に断水し、休眠状態にしましょう(耐寒性が上がるため)。
  • 植え替え
    我が家の万象は9月に植え替えています。ハオルチアなどの多肉植物は春と秋に植え替えるのがいいといわれています。生長期に植え替えることで、植え替えで受けたダメージを速く回復できるといわれているためです。多少時期を外しても植え替えはできますが、特に環境が過酷な真夏と真冬の植え替えは避けた方が無難です。

以上、ハオルチア・万象の紹介と植え替えでした!!

それでは。


読んでくれてありがとうございます人気ブログランキングはお好みのジャンルからブログを検索できるサービスです。
もすレコ。は人気ブログランキングに参加しています!良ければクリックしてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました