Standard Productsの鉢に瑞昌玉を植え替えたぞ!

前回記事にしたサボテン、ギムノカリキウム・瑞昌玉をStandard Productsのシリンダー鉢に植え替えました!

瑞昌玉
瑞昌玉をStandard Productsのシリンダー鉢に植え替えました!

前回の記事↓シマムラ園芸さんで購入した瑞昌玉を植え替えます。

広告渋い緑色がとてもカッコいいギムノカリキウム・瑞昌玉日焼けしやすいので日差しの管理に気を付けて!

サボテン:ギムノカリキウム 瑞昌玉*M 幅3.5cm
遊恵盆栽 楽天市場店
¥ 3,080(2023/10/11 08:35時点)

植え付けた鉢は、スタンダードプロダクツのシリンダー型(商品名は円柱型)の陶器鉢。一番小さいヤツ。Sサイズ(便宜上。公式ではないよ)のグレー。↓こちら。

一番小さいStandard Productsのシリンダー型陶器鉢のサイズ

植え替えるStandard Productsの鉢のおさらいです。

スタプロ鉢
Standard Productsのシリンダー鉢。今回は左の小さい方。別々に写真撮ってなかった

シリンダー型一番小さいサイズ(便宜上Sサイズ)。色はグレー(寸法は実測)。

  • サイズ:
    直径10.2cm、鉢本体の高さ12.3cm、受け皿高さ1.0cm、受け皿含む高さ13.2cm、鉢の厚み0.6cm。内法は9cm弱。いわゆる3号サイズですな。背が高め。
  • 素材:
    ドロマイト製。ホワイトと2色展開。仕上げの釉薬は施されていないので、通気性は良さそう。受け皿は内側に簡易的な防水処理がされています。普通に使う分には濡れることはないと思いますよ。質感はザラっとしてマットな感じです。

植え替えるギムノカリキウム・瑞昌玉とは

今回植え替えるのはギムノカリキウム属のサボテンで瑞昌玉(ずいしょうぎょく)です。渋い緑色と色のついた棘が特徴。カッコイイ!!(棘のタイプはいろいろあるっぽい)

瑞昌玉
瑞昌玉

南米の高地の草陰に自生するサボテンで、以前のポストに登場した牡丹玉も同じギムノカリキウム属のサボテンです。

草陰に自生して直射日光が苦手なギムノカリキウム属のサボテンは、濃いグリーンでややグレー掛かった肌の色が共通の特徴みたい。あと棘が短いのも共通の特徴ですね。

  • 自生地:瑞昌玉の自生地ですが、ネットで調べてもよくわかりませんでした。ギムノカリキウム属なので自生地はたぶんアンデス山脈付近の高地。
瑞昌玉原産地?
瑞昌玉原産地?

ザックリこの辺だと思います。瑞昌玉の原産地はわかりませんでしたが、私もにんじんとか玉ねぎの原産地を知らずに生きていて何も問題ないのでいいんじゃないでしょうか。

  • 育て方:日焼けに注意しながら採光してあげる感じです。基本は明るい日陰で、日差しが強くないときに直射日光浴させてます。水やりは鉢の土が乾いたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりと。冬は断水気味で。ネットには育成期は夏型という情報と、春秋型という情報がありますね。どっちなんでしょう?最近の日本の夏は暑すぎるので、私は春秋型だと思って育てるつもりです(夏の水やりの量が違う)。

広告【アイリスオーヤマ公式】アイリスプラザ 。ご存じアイリスオーヤマさんの総合通販サイト。家電から日用品まで、ガーデン用品 も扱っています!もすレコ。的にはゴールデン粒状培養土は定番です。

植え替え手順

植え替え手順

  1. 瑞昌玉を鉢から出す。
  2. 根についた土を筆などを使って落とす。長い根はこの時カット。
  3. 鉢底にネットと鉢底石(軽石と日向土中粒)を敷き、適当な高さまで用土を入れる。
  4. 瑞昌玉を配置。私は乾燥させずに植え付ける派。株の周りに用土を入れていく。根の周りを割りばしでつつきながら隙間ができないように。
    用土は前回リプサリスの植え替えで使った土にさらに日向土(軽石)を多めで配合。サボテン多肉植物用の培養土+観葉植物の培養土+桐生砂+川砂+日向土小粒です。リプサリスよりも水はけ重視の用土(にしたつもり)。
  5. ある程度まで用土を入れたら、ハイドロボールでマルチングしてフィニッシュ!
  6. 水やりは1週間後から。鉢底から水が出るまでたっぷりと。用土がジュウジュウいいながら水を吸うのが好き。

用土の水はけを変える以外はリプサリスとおんなじ。いけるはず!

実際に植え替えてみた!

まずは瑞昌玉が植わっていたプラ鉢の側面を叩いて、サボテンを鉢から取り出します。

瑞昌玉
瑞昌玉。購入時のプラ鉢

次に根についた土を筆で払って取り除きます。思ったよりも根に土が絡んでました。

瑞昌玉
瑞昌玉の根

健康そうな根です。中心付近の土がうまく落とせなかった。

Standard Productsの鉢底にネットと鉢底石を敷きます。鉢底石は軽石です。

鉢底にネットと鉢底石を敷く
鉢底にネットと鉢底石を敷く

ある程度の高さまで用土を入れたら、瑞昌玉を割りばしで挟んで仮固定。周りに用土を入れていきます。根の周りをつつきながら、隙間ができないように!

瑞昌玉
瑞昌玉。リプサリスと違って仮固定しやすい!優秀!

マルチングの高さを考えながら、用土を入れます。今回はこんくらい!

瑞昌玉
用土入れ終わり!

最後にハイドロボールでマルチングしてフィニッシュです!

瑞昌玉
瑞昌玉。植え替え終わり!

いい感じです!鉢の中心に植え替えられました!植え替え終わり。

植え替えた瑞昌玉

瑞昌玉とStandard Productsの鉢の相性ですが、いいんではないでしょうか?やっぱりサボテンにはマットな質感の鉢が合います。

瑞昌玉
瑞昌玉

鉢自体の通気性も良さそうなので、生育も良さそうです。欲を言えば、もっと濃いグレーが私の好み。あと、サボテンの棘に負けないようにもうちょっと鉢に主張があってもいいかな?

瑞昌玉
瑞昌玉

リプサリスの時にも書きましたが、鉢本体と受け皿の間にもっと隙間があった方がいいかも。こちらも100均のクッションゴムで底上げ予定。

満足できる仕上がりでした!あとは健康に育ってくれれば!!

それでは。


読んでくれてありがとうございます人気ブログランキングはお好みのジャンルからブログを検索できるサービスです。
もすレコ。は人気ブログランキングに参加しています!良ければクリックしてね

広告渋い緑色がとてもカッコいいギムノカリキウム・瑞昌玉日焼けしやすいので日差しの管理に気を付けて!

サボテン:ギムノカリキウム 瑞昌玉*M 幅3.5cm
遊恵盆栽 楽天市場店
¥ 3,080(2023/10/11 08:35時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました