緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドに花が咲いたぞッ!!

先日植え替えの記事をUPした、我が家の緋牡丹錦×LB2178ハイブリッド(LB2178交配錦)。記事中にも書いてますが、実際に植え替えたのは4月上旬。その記事UPまでの間(UPは5月末)、実はつぼみが粛々と生長しまして、

ついに開花しました。今回はその開花記事です。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花

緋牡丹錦×LB2178の植え替え記事と過去の記事↓↓↓

広告ギムノカリキウム緋牡丹錦。日本創出の代表的なサボテンの園芸品種。栽培は日焼けと水の与えすぎに気を付けて!

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッド(LB2178交配錦)とは

緋牡丹錦はギムノカリキウム属のサボテンで、瑞雲丸(または牡丹玉)を元にした園芸種で、赤い斑が入る色鮮やかなサボテンです。一方、LB2178(という流通名)は同じくギムノカリキウム属のサボテンで、パラグアイで発見された牡丹玉の変種といわれています。

ギムノカリキウム属のサボテン同士は交雑しやすく、見方を変えれば違う品種のサボテン同士を交配させて双方の特徴をもったサボテンを創出することができます。

前回の記事にも書いていますが今回の主役、緋牡丹錦として販売されていましたが、LB2178の特徴も持っています。

LB2178の特徴
  • 草体が扁平。
  • 棘が1本(そして短い)。
  • 稜が細い。
  • 草体に入る肋骨状の縞々が下垂する曲線。

というLB2178の特徴に、緋牡丹錦の赤い草体が混ざりあったハイブリッドな見た目のサボテンになっています。

緋牡丹錦LB2178ハイブリッド
緋牡丹錦LB2178ハイブリッド

そして先日、LB2178を購入したので比較できますな。↓↓↓コレ。

ギムノカリキウム・LB2178
ギムノカリキウム・LB2178

広告渋い緑と縞々が美しいサボテン。牡丹玉の変種、ギムノカリキウムLB2178。かっこいい。

やっぱり、こうして比較するとLB2178交配錦とLB2178は結構違いますね。っぽさはあるんですが、棘が長いとか縞々がハッキリしていないとか、縞と縞の間隔が長いとか、緋牡丹錦の間延び感が混ざっちゃってます。

ちなみにウチにいる別の(より緋牡丹錦っぽい)緋牡丹錦↓↓↓

緋牡丹錦
緋牡丹錦

…。LB2178交配錦がLB2178と緋牡丹錦を足して2で割ったような見た目になっているのが伝わるでしょうか?

そのうちLB2178の斑入り種、(今回の記事のような交配種ではない)LB2178錦が出回ったりするんでしょうか…。

つぼみができたぞ!開花したぞ!!

今回の主役、緋牡丹錦×LB2178ハイブリッド。最初につぼみに気づいたのは4月の上旬です。っていうか、すでに購入時につぼみらしきものがありましたね。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ

さらに2週間後。はっきりつぼみと分かるように。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ

さらに1週間後。つぼみがさらに大きく。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ

ギムノのつぼみは鱗がついているみたいで不思議です。

さらに10日後。5月上旬、ゴールデンウィークが終わった頃。花柄が立ち上がってきました。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ

5日後。つぼみ二つとも花柄が長くなりました。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ

6日後。つぼみが色づく。ピンクですね。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ

2日後。つぼみが膨らむ。咲きそう!

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドのつぼみ

さらに2日後。咲いた!!!5月下旬です。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花

その日のうちに二つ目も開花。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花

同じギムノカリキウム属でも瑞昌玉の花とは違いますね。LB2178交配錦の花は、花びらが長めで先に色があります。

このあと、曇りがちの天気になったせいか2週間近く咲いていました。

んで、開花から16日後。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花

…。ホントは花は開閉を繰り返して枯れていくんでしょうが、途中でカーテンに引っ掛けてしまい花柄が倒れてしまいました。

なので花は開いたまま枯れました。1週間後。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花が散る
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花が散る

次の日には全部の花柄がとれました。6月中旬です。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花が散る
緋牡丹錦×LB2178ハイブリッドの花が散る

そしてまだつぼみがあります。

コイツ、season2をやるようです。

広告ギムノカリキウム緋牡丹錦。日本創出の代表的なサボテンの園芸品種。栽培は日焼けと水の与えすぎに気を付けて!

広告渋い緑と縞々が美しいサボテン。牡丹玉の変種、ギムノカリキウムLB2178。かっこいい。

ちなみに4月上旬につぼみを確認以降、ここまでで2カ月と10日です。開花期間は約2週間(アクシデントがあったけど)。サボテンの開花時のサイズは最長部で約7cmぐらいです。

そして緋牡丹錦×LB2178は緑になった

つぼみの生長の写真でお分かりかもしれませんが、このLB2178交配錦、

緑になりました。

緋牡丹錦×LB2178ハイブリッド
LB2178交配錦。緑になった

ちなみに購入時がコレ↓↓↓

緋牡丹錦
LB2178交配錦。購入時

ほぼ赤からほぼ緑に(笑)。

購入したのは寒さも残る3月末ですからね。まぁやはり茶色(濃い赤)の部分はストレスで変色(紅葉)していただけみたいですね。

赤い時も派手で良かったですが、緑は緑で渋くていい感じです。

以上、緋牡丹錦×LB2178ハイブリッド(LB2178ハイブリッド錦)の開花記録でした。

それでは。


読んでくれてありがとうございます人気ブログランキングはお好みのジャンルからブログを検索できるサービスです。
もすレコ。は人気ブログランキングに参加しています!良ければクリックしてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました