アリオカルプス・アガベ牡丹を植え替えたッ!!

こんにちはこんばんは。今日もサボテンの植え替え記事です!!

アリオカルプス・アガベ牡丹
アリオカルプス・アガベ牡丹

今回植え替えたサボテンはアリオカルプス・アガボイデス!!(ariocarpus agavoides)アリオカルプス属アガベ牡丹です!!

~オイデスというのは~のようなという意味。つまりアガベのようなサボテンってことッ!!

こんな特異な見た目だけどサボテンなんだぜッ!!

うちでは他にもアリオカルプス属のサボテンを育てています。

このアガベ牡丹で3品種めのアリオカルプス。(厳密には4品種め…)

好きなんですよ。アリオカルプスのサボテン!!

アリオカルプス・アガベ牡丹

アリオカルプス・アガベ牡丹を購入したのは栃木県足利市にあるあしかがフラワーパーク(のフラワーショップ)。

フラワーといいつつサボテンや塊根植物の品揃えが充実していたショップです。マニアックな品種が売っている…ッ!!

あしかがフラワーパーク。フラワーショップでの購入品
あしかがフラワーパーク。フラワーショップでの購入品。一緒にドルステニア・フォエチダも購入

ただしそれは時期によりけりなようで、春に伺ったときの(サボテン多肉植物の)販売品は普及種が中心。

この時は花苗や藤が販売品の中心でした。

アリオカルプス・アガベ牡丹
アリオカルプス・アガベ牡丹

アリオカルプス属のサボテンは半分地面に埋まって自生しているサボテン。直射日光が得意ではありません。他のアリオカルプスは結構肉厚で幅広な疣(いぼ)を展開しますが、このアガベ牡丹は割と細めで長い疣を展開します。なのでその姿は名前のとおり、まるでアガベのよう。

ホームセンターや園芸店(専門店を除く)ではあまり見かけない、珍しいサボテンでもあります。

んで、このアガベ牡丹、購入時からまぁまぁ傷んでいました。他に数株が販売されていましたが、一番小さく、そして傷んでいる株を購入。なぜならこの株だけ安かったからです。

私のように低予算で園芸を楽しむ場合、高級品種は訳アリ品かものすごく小さい株を選ぶしかなくなります。今回はそれを地でいった感じでしょうか。

去年の11月にこのアリオカルプス・アガベ牡丹を購入したわけですが…

暖かくなる4月中旬まで待って植え替えを決行しました!なんかコイツ埋まってるしね!!植え替えてあげよう!!!

アリオカルプス・アガベ牡丹を植え替え!!

まずは主役のアリオカルプス・アガベ牡丹↓↓↓

アリオカルプス・アガベ牡丹
アリオカルプス・アガベ牡丹

鉢を横にして、側面を軽く叩きながらアガベ牡丹を取り出します。

取り出したアガベ牡丹↓↓↓

アリオカルプス・アガベ牡丹
アリオカルプス・アガベ牡丹

アリオカルプス属は地中に塊根を形成するサボテン。このアガベ牡丹も塊根が形成されています。…それに根張りも結構いい…?

アリオカルプス・アガベ牡丹
アリオカルプス・アガベ牡丹

と思って古い土を筆で落としたら、そうでもなかった。アリオカルプスは塊根の大きさの割に根が細くて少ない印象。このアガベ牡丹もしかり。

一応長すぎる根はカット。

アリオカルプス・アガベ牡丹
アリオカルプス・アガベ牡丹

カットは清潔なハサミで。

次に植え替える鉢の準備。

3Dプリンターで自作した鉢
3Dプリンターで自作した鉢

3Dプリンターで自作した植木鉢に植え替えます。直径φ7.5cm、約2.5号サイズ。

この鉢は鉢底ネットが必要ないので、直接鉢底石を敷きます。

鉢底石を敷く
鉢底石を敷く

鉢底石は軽石+日向土。

この上にある程度の高さまで用土を敷いたら殺虫剤と肥料を散布。

殺虫剤と肥料を散布
殺虫剤と肥料を散布

用土は市販のサボテン多肉植物用の培養土、殺虫剤はオルトランDX、肥料はマグァンプKです。

広告定番のサボテン多肉植物用の培養土植木鉢とテラコッタの専門店・鉢人さんでは、種類豊富な鉢とセットでまとめ買いをすると送料がお得です!

広告土に撒いて使う錠剤の殺虫剤。根から吸収された殺虫成分が長く効く遅効性の殺虫剤です。アブラムシ、コガネムシの幼虫、カイガラムシやネジラミに効果があります手を汚さず使えるオススメの殺虫剤です!

住友化学園芸 オルトランDX粒剤 200g
ホームセンターヤマキシ楽天市場店
¥ 835(2024/04/25 09:34時点)

広告いろいろな植物に使える定番の肥料!ハイポネックス・マグァンプK肥料焼けしづらいのでとってもオススメ!用土に混ぜて使ってください!!

ここにアリオカルプス・アガベ牡丹をセットし、鉢との隙間に用土充填します。根の間にも隙間ができないように、割りばしなどで軽くつつきながら用土を入れましょう。

アリオカルプス・アガベ牡丹
アリオカルプス・アガベ牡丹

こんな感じ。なんかヤシの木みたいになりましたね!

さらにマルチング材(化粧砂)を敷きます。

アリオカルプス・アガベ牡丹
アリオカルプス・アガベ牡丹

マルチング材は富士砂。

以上植え替え終わり!植え替え後、最初の潅水は1週間後。被っている土を洗い流します。

アリオカルプス・アガベ牡丹の育て方

上にも書きましたが、アガベ牡丹は直射日光が苦手。また、ある程度湿度があった方がふっくらするのですが、塊根部分が腐りやすいので乾燥気味に育てることをオススメします。風通しがすごく大事!!

  • 日照
    原産地では地面に埋まって自生しているので、直射日光に強くありません。遮光をするか、もしくは明るい日陰で栽培しましょう。
    うちでは通年50%程度の遮光をして育てています。
  • 潅水
    塊根部分に水を貯めているので乾燥には強いです。
    春と秋は鉢の中が完全に乾いてからたっぷりと水をあげましょう。夏はやや控えめの水を涼しい夕方か夜にあげてください。冬は暖かい時間に表土が濡れる程度の水を月に1,2回あげましょう。
  • 温度管理
    暑さに強く寒さが苦手です。最低気温が10℃を切りそうなら室内に取り込んだ方が安全です。といいつつ、うちでは通年室内栽培だったりします…
    風通しをよくしてください。特に夏は腐りやすいので、蒸れないように注意してください。私は同じアリオカルプス属の高級サボテン、黒牡丹を腐らせました(;´༎ຶД༎ຶ`)

というわけでアガベ牡丹の植え替えでした。

それでは。


読んでくれてありがとうございます人気ブログランキングはお好みのジャンルからブログを検索できるサービスです。
もすレコ。は人気ブログランキングに参加しています!良ければクリックしてね

コメント

タイトルとURLをコピーしました